本文へ移動

あなたが使いやすいキッチンはどんなカタチ?

2021-05-11
日々の生活に必要不可欠なキッチン。
毎日使うところだから使い勝手がいいキッチンがいいとみなさん思うことだと思います。

では、使いやすいキッチンって一体どんなカタチでしょう。。。?
答えは住まわれる方がどのようにキッチンで過ごしたいかで変わるものです。今回はそのレイアウトについて考えていきたいと思います。

キッチンのレイアウトとしては
■対面キッチン(ペニンシュラ型)
■壁付けキッチン(I型)
■アイランドキッチン
■2型・L型キッチン
が主なカタチであります。今の流れでは対面キッチンが主流ですが、それぞれの良いところがあります。
壁付けのキッチンは省スペースで設置できます。
■壁付けキッチン(I型キッチン)
賃貸マンション等で多いレイアウト。お料理に集中しやすく、キッチンのスペースを広くとらなくていいのでお部屋を広くとることが出来ます。
設計時にカップボードの置き場や配膳のスペースをどこにするか考えてそのスペースを確保するのが使いやすさのポイントになります。
カウンター付きのキッチン 背面には作業台をつけて効率アップ!
■対面キッチン(ペニンシュラキッチン)
今の住宅で一番主流となっているレイアウトです。キッチンの片側が壁いついている形でLDKと対面して配置することが出来ます。お料理をつくっている時も家族の様子が見れ、会話しやすい配置。また、背面に収納や家電スペースも設置しやすく家事効率も良い配置です。



LDKの主役となる存在感。人が集まることが多い方におすすめです。
■アイランドキッチン
壁につかずキッチンだけが独立したレイアウト。回遊できる動線になり、キッチンに集まりやすくなる配置。オープンで開放的な空間で多人数で配膳の準備が出来るので楽しい食事の時間となりそうなレイアウトです。
手元が隠せないので、こまめに片付けておかないと雑然と見えてしまうこともあるのが注意ポイント。片付けが苦手な方は少しストレスがあるかもしれません。
コ型のレイアウトはゆったり広々。家族みんなで家事ができます
■2型・L型キッチン
水回りとコンロを分けて並べてレイアウトしたかたち。移動距離が短くなり、作業スペース、収納スペースも広くとれるので最も作業効率がいいレイアウトです。設備機器が2つ必要になるので、コストは上がります。感覚を広くとれば多人数での調理、配膳もしやすいです。
設備機器が2つになるのでコストは上がることが多いです。


毎日使うキッチン。ご家族で並んでキッチンに立てるようにしたいか、作業スペースを広々とりたいのか、キッチンよりもLDKを広くとりたいのか・・・。お料理は集中したいからLDKというかたちでなくキッチンを独立させたいという方もいらっしゃいます。
「よく見るかたちだから」ではなくご自分の暮らしではどういう使い方をしたいのか想像するとあなたの一番使いやすいキッチンになっていきます。
これはどうだろう、こんなことできるかな?ということは一緒に考えていくパートナーになりたいと思います。あなたが笑顔になれるおうちづくりを始めましょう。